【スポーツ】五輪種目の海のマラソン、熱海サンビーチでOWSジャパンGP





2020年東京五輪の正式種目に採用されているオープンウォータースイミングの「熱海OWSジャパングランプリ」(日本国際OWS主催)が9月10日、熱海サンビーチで開催された。全国各地からエントリーした378人が、500メートル、1キロ、1・5キロ、3キロ(各男女別)、団体リレー(400メートル×4人)の5種目で泳力を競った。「海のマラソン」で知られるオープンウォータースイミング(OWS)はプールなどの施設ではなく、海や湖など自然の中で行なわれる水泳競技で、オーストラリアや米国で人気が高く、1991年から世界選手権、2008年北京オリンピックから夏季オリンピックの正式種目に採用された。日本では1995年に熱海市で初開催され、今回が23回目を数える伝統の大会。熱海の夏の終わりを告げるイベントとして定着している。
東京五輪では、10キロのコースが用意され、経験、精神力、自然との戦いでタイムを競う。毎年8月4日に開催される初島・熱海団体競泳大会は約12キロ。
(熱海ネット新聞)

動画はコチラ…熱海ウォータースイム



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る