【観光】熱海に新名所、隈研吾氏設計のカフェ「COEDA HOUSE」オープン









熱海市のアカオハーブ&ローズガーデンに9月19日、太平洋を一望できるカフェ「COEDA HOUSE」がオープンした。設計は2020年東京五輪の新国立競技場をデザインした世界的建築家の隈研吾(くま・けんご)氏。開会式では、赤尾宣長社長、川勝平太静岡県知事、齊藤栄市長、隅氏らがテープカットを行った。カフェは木造平屋建てで、設置面積は約140平方メートル。柱は使わず、建物の中心に8センチ角のアラスカヒノキを49層1500本を積み上げて屋根とつなげる構造。強度を高めるため、カーボンファイバーのワイヤを張る特殊な木造建築。四方はガラス張りで、室内からは初島や庭園が見渡せる。カフェでは、世界的パティシエ・藤井幸治によるオリジナルスイーツ「コエダクーヘン」「タルトフロマージュ」などえを販売する。熱海に新名所が加わった。
(熱海ネット新聞)
◆ホテルニューアカオ・赤尾宣長社長 アカオハーブ&ローズガーデンに自然を生かしたカフェを作ることは先代のころからの夢だった。世界的建築家な隅研吾先生にこのような小さなカフェを設計していただけるだろうかと思っていたが、快く引き受けていただけた。「COEDA HOUSE」オープンをきっかけに観光地熱海のさらなる活性化に貢献していきたい。
◆川勝平太静岡県知事 静岡県は47都道府県で一番日照時間が長いと同時に花の都でもある。花の品種だけでも静岡県には704。アカオハーブ&ローズガーデンにはバラだけで600品種が栽培されている。2015年の世界バラ会議で民間初の「優秀庭園賞」を受賞した名庭園に新しい花が添えられた。
◆齊藤栄熱海市長 ここから初島が見え、そこに本当に素晴らしいカフェができた。新しいスイーツもここで販売される。いま熱海市は若い人を中心に観光客が増えているが、多くの方々に愛される施設になると期待している。
■アカオハーブ&ローズガーデン 1988年に「曽我森林自然公園」として開園。当初はハーブが中心だったが、その後イングリッシュローズやオールドローズなどが植栽され、現在は25万坪の敷地に12ガーデンが設けられ、約600種4000株のバラが四季を通じて楽しめる。入園するとまず園内バスで一番上まで移動し、降車した後は各ガーデンを散策しながら下る。☎0557-82-1221。
動画建築家・隈研吾氏のあいさつ







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る