【社会】熱海市の交通死亡事故ゼロ「664日」、秋の全国交通安全運動始まる 








秋の全国交通安全運動が9月21日始まり、熱海警察署や熱海市など6団体60人が熱海駅前でのぼり旗を持って交通安全を呼びかけた。熱海市内の交通死亡事故は一昨年11月26日に発生して以来、1件も発生していない。9月21日で交通死亡事故ゼロは664日に伸び、新記録を更新中(これまで最長は468日)。奥田交治熱海署長は「ちょうど1年前の全国交通安全運動の際、前任の及川署長が本日をもって300日ですよ、と言ったはずです。それがいまや664日。この熱海は日本一安全なまちです」と観光客に呼びかけ、「これから日がどんどん短くなるが、早めのライトオンの呼びかけなどを推進し、交通死亡事故ゼロを継続していきたい」と述べた。
秋の秋の全国交通安全運動は「子供たちと高齢者の事故防止」「夕暮れ時、夜間の歩行者の事故防止」を重点項目に30日まで行われる。
(熱海ネット新聞)
動画…奥田交治熱海署長のあいさつ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    世界ポリオでー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  2. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  3. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  4. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
ページ上部へ戻る