【社会】熱海市の交通死亡事故ゼロ「664日」、秋の全国交通安全運動始まる 








秋の全国交通安全運動が9月21日始まり、熱海警察署や熱海市など6団体60人が熱海駅前でのぼり旗を持って交通安全を呼びかけた。熱海市内の交通死亡事故は一昨年11月26日に発生して以来、1件も発生していない。9月21日で交通死亡事故ゼロは664日に伸び、新記録を更新中(これまで最長は468日)。奥田交治熱海署長は「ちょうど1年前の全国交通安全運動の際、前任の及川署長が本日をもって300日ですよ、と言ったはずです。それがいまや664日。この熱海は日本一安全なまちです」と観光客に呼びかけ、「これから日がどんどん短くなるが、早めのライトオンの呼びかけなどを推進し、交通死亡事故ゼロを継続していきたい」と述べた。
秋の秋の全国交通安全運動は「子供たちと高齢者の事故防止」「夕暮れ時、夜間の歩行者の事故防止」を重点項目に30日まで行われる。
(熱海ネット新聞)
動画…奥田交治熱海署長のあいさつ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年で湘南なぎさ連

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨…
  2. 2019-1-19

    あたみ桜が彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る