【政治】衆院解散で静岡6区も臨戦態勢 勝俣孝明氏、渡辺周氏の前職対決

 

与野党は9月28日、衆院解散を受けて10月22日投開票日へ事実上の選挙戦に突入した。前職対決となる静岡6区(熱海市など)は、自民勝俣孝明氏と希望の党公認での出馬を見込む民進渡辺周氏が激突する。勝俣氏は「常に解散に備え、常在戦場の思いでやってきた。熱海市は伊豆の玄関口。熱海港の整備など地元のために尽力したい」と話した。民進党の前職87人のうち、7割を超える60人超が小池百合子都知事が率いる新党「希望の党」へ合流を希望しており、民進党副代表の渡辺周氏も公認を申請するとみられる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る