【社寺】湯前神社宮神輿・連合神輿渡御、夜の熱海を勇壮に練る


湯前神社の秋季例大祭は9月30日夜、宮神輿・連合神輿渡御(みこしとぎょ)を行った。湯前神社を出発した宮神輿は連合神輿と合流。熱海笛伶会が演奏する熱海囃子(あたみばやし)が鳴り響く中、宮神輿を先頭に總一會、嵐和會、若獅子會の神輿が勢ぞろい。およそ500人の若者が「どっこい、そーりゃ」の掛け声に合わせて熱海市役所前、清水町、銀座通りなどを勇ましく練り歩いた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-19

    平成最後の天皇陛下の誕生日に献上 熱海梅園で紅白梅の枝切り

    天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する早咲き梅の枝切り作業が12月19日、「日本一早く咲…
  2. 2018-12-19

    糸川遊歩道でも「あたみ桜」が開花 銀座バス停の基準木

    熱海梅園に続いて12月19日、糸川遊歩道で「あたみ桜」が開花した。熱海市銀座町の「銀座バス停」横に植…
  3. 2018-12-19

    【お悔やみ】島田二郎さん(熱海市昭和町)12月17日死去

    島田二郎さん(しまだ・じろう)12月17日死去、90歳。熱海市昭和町。出棺21日午前10時、興禅寺。…
  4. 2018-12-19

    石原元都知事「熱海が最適なカジノ開発地」 外国特派員協会会見で

    元東京都知事の石原慎太郎氏(86)が12月18日、東京・千代田区の日本外国特派員協会(FCCJ)で記…
ページ上部へ戻る