【編集室】エスプリの利いたマルシェ、熱海銀座がパリに 欧米人でにぎわう













熱海銀座通り商店街で10月1日、第25回「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が開かれた。今春から会場を渚親水公園イベント広場に移していたが、今回は、湯前神社秋季例大祭とコラボする形で熱海銀座通りに戻して開催した。地元商店街をはじめ、熱海市周辺の地域を拠点に創作活動を行っている作家の作品や雑貨小物、アクセサリー。地域の農家が生産した野菜やパン類などの食材を販売する36店が並び、熱海銀座がパリ市内のマルシェを思わせるエスプリの利いた雰囲気に包まれた。他都市と違い、熱海は欧米からの外国人観光客が多く、市民にまじってランチを楽しんだり、ザ・プレミアモルツを味わっていた。料理やビールも外国人を意識して用意、市内の他イベントとの差別化を図っている。
湯前神社秋季例大祭にも、海外のテレビ局が取材に訪れるなど、国際観光都市としての評価も高まっている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る