【市政】熱海岡本ホテル跡地を整備 市道を拡幅、ベンチや日よけを設置


熱海市は、上宿町の熱海岡本ホテル跡地(熱海フォーラム建設予定地、3103平方メートル)の暫定活用を決めた。市道温泉通り水口線と県道熱海梅園線が交差する総合庁舎入り口交差点を一部改良し、旧熱海級岡本ホテル側の市道を拡幅し右折レーンを新設する。来宮神社方面への渋滞緩和を図るのが狙い。さらに市道に沿ってカラー舗装の広場(歩行空間)約470平方メートルを整備し、ベンチや日よけを設置して市民の憩いの場とする。来年4月の供用開始を予定している。
齊藤栄市長は、学校施設の修繕や南熱海支所・消防署南熱海出張所などの整備等を優先させるため、市民ホールや図書館などの複合施設を整備する熱海フォーラム整備事業を一旦延期。2020年東京オリンピック・パラリンピック終了以降の着工を目指すとしている。広場はその間に暫定活用する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  2. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  3. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  4. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
ページ上部へ戻る