【市政】熱海岡本ホテル跡地を整備 市道を拡幅、ベンチや日よけを設置


熱海市は、上宿町の熱海岡本ホテル跡地(熱海フォーラム建設予定地、3103平方メートル)の暫定活用を決めた。市道温泉通り水口線と県道熱海梅園線が交差する総合庁舎入り口交差点を一部改良し、旧熱海級岡本ホテル側の市道を拡幅し右折レーンを新設する。来宮神社方面への渋滞緩和を図るのが狙い。さらに市道に沿ってカラー舗装の広場(歩行空間)約470平方メートルを整備し、ベンチや日よけを設置して市民の憩いの場とする。来年4月の供用開始を予定している。
齊藤栄市長は、学校施設の修繕や南熱海支所・消防署南熱海出張所などの整備等を優先させるため、市民ホールや図書館などの複合施設を整備する熱海フォーラム整備事業を一旦延期。2020年東京オリンピック・パラリンピック終了以降の着工を目指すとしている。広場はその間に暫定活用する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る