【衆院選】共産党内田豊氏が熱海で街頭演説「憲法改正、消費増税反対」

衆院選の公示後、共産党新人・内田豊氏(63)が10月12日、初めて熱海入りし、市内咲見町や清水町などで街頭に立ち、投票を呼び掛けた。「暴走する安倍政権の行き着く果てが森友、加計問題。市民と野党の協力で安倍政権を倒し、新しい日本をつくろう」と安倍晋三首相の政治姿勢を強く批判。「福祉政策はどうなっているのか。介護保険が毎年上がり、聞こえてくるのは払い切れないという悲痛な声。残っているのは消費税の負担だけだ」と語気を強め、憲法改正や消費税増税への反対、富裕層への資産課税の強化、社会保障や教育の充実などを訴えた。井沢共一市議が応援に駆け付けた。
(熱海ネット新聞)
■内田豊(うちだ・ゆたか)伊豆の国市出身。農業に従事しながら共産党の活動に参加。大仁町議を14年務めた。今回が国政初挑戦。党伊豆地区委員長。田方農高卒。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る