【社寺】秋雨が降り続く中、厳かに神幸行列、下多賀神社で例大祭 


熱海市の下多賀神社(雨宮盛克宮司、渡辺幹夫総代長)例大祭・本祭りが10月15日齋行された。本殿での神事には氏子や町内会の人たちが参列し、五穀豊穣や家内安全などを祈った。社務所では鹿島踊りが奉納され、同神社鹿島踊保存会の白装束に身を包んだ会員たちが勇壮な踊りを披露。あいにくの雨だったが、神幸行列では獅子を先頭に下多賀神社厄年奉賛会の若衆が担ぐ御鳳輦神輿がお下りし、国道135号線沿いのお旅所へ粛々と練り歩いた。今年は雨天のため、予定を縮小して行った。
南熱海地区では、24、25日に和田木神社と小山神明宮で例大祭が齋行される。
(熱海ネット新聞)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る