【社寺】例大祭に向け総ざらい稽古 稚児舞リハーサル、本番「0K」

10月19、20日の今宮神社例大祭で「豊栄(とよさか)の舞」を奉納する稚児12人が17日、初めて稚児衣装に身を包み、神社社務所で本番と同じ時間割りでリハーサルを行った。今年の奉仕者は6歳の女児12人。10月から稽古を始め、この日が9回目。前回の稽古まではまだどこか幼さが残っていたが、本番の稚児衣装をまとうと、すっかり舞姫に変身。本殿での玉串奉てんの練習もそつなくこなし、見守っていた泉明寺みずほ宮司、父母から笑みがこぼれた。
稚児舞の奉納は宵宮祭の19日午後5時30分と例大祭本祭の20日午後4時に催される。
(熱海ネット新聞)
■今年度・稚児舞奉仕者 蛭田桃菜、千葉郁実、八代美織、大武永愛(MOA熱海)佐藤千裕(富士)石原果歩、小野胡桃、大川陽菜、野田ひらり、太田遥(小嵐)中村小万智、藤井結理(緑ガ丘)
■稚児育成会 島田善一、藤間浩、山田睦務






 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る