【社寺】網代温泉街に伝統の「しゃぎり」響く、厳かに和田木神社例大祭





熱海市下多賀の和田木神社例大祭が10月21日の宵宮祭で始まった。神事では雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、清水正彦総代長、川口慶治責任総代、川口覚和田木町内会長、川口健網代温泉観光協会会長(市議会議長)、駒嶺洋南熱海網代温泉旅館協同組合理事長ら氏子や地域関係者30人余りが参列した。夜は、氏子町内の子供たちが、網代駅前で「子供しゃぎり大会」を開いた。練習を重ねてきた四丁目、馬鹿囃子、熱海囃子などの伝統の祭りばやしを披露し、神々をもてなした。
恒例の小山神明宮の氏子町内の子供たちとの合同「子供しゃぎり大会は」は雨のため、取りやめたが、和田木神社、櫻田会(親子会)、網代温泉観光協会の山車3台が賑やかに網代温泉の氏子地域を練り、秋祭りを盛り上げた。
22日は本祭があり、和田木青年会が市指定無形民俗文化財の獅子神楽を奉納した。今年は大型台風21号の接近のため、本殿で「神拍子」「宙下」「下り端」を舞い、南熱海地区の繁栄や氏子町内の家内安全を祈願した。御神幸行列(お下り、お上り)は、荒天のため中止となった。
小山神明宮でも21、22日の両日、例大祭が齋行された。
(熱海ネット新聞)
■しゃぎり 約470年前から伊豆地方に伝わる伝統芸能のひとつ。 その発祥は、雅楽からといわれており、お囃子の一種で各地で祭囃子として伝承されている。 網代のしゃぎりも江戸時代から脈々と受け継がれている。





和田木神社の山車




櫻田会(親子会)の山車




網代温泉観光協会の山車

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  2. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  3. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  4. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
ページ上部へ戻る