【社会】ジビエ料理、熱海ワナの会が野生動物解体処理施設「山の恵」開設

熱海市の猟師らでつくる「熱海ワナの会」の有志7人が10月22日、熱海市泉に野生動物解体処理施設「山の恵」(錦織悦子代表)を開設した。
イノシシやシカなどの野生動物による農業被害は、全国で年間200億円。熱海市も例外でなく、昨年はイノシシ、シカだけで約100万円の農作物被害があった。同会は毎年、市内数カ所に鉄製のおり(高さ約1メートル、横幅約1メートル、奥行き約2メートル)を設置、昨年はイノシ、シカを約300頭を捕獲した。
全国ではこうした、やっかい者をジビエ(狩猟による鳥獣肉)として食べることで、農作物への被害を減らす取り組みが広まっているが、熱海市には食肉処理施設がなかったため、大部分は捕獲した土地に埋められたり、エコ・プラント姫の沢(廃棄物処理施設)に運び有料で焼却したりしていた。そこで「山の恵」に解体用の電動ウインチや作業処理室、冷蔵施設を設けた。農業被害を防ぐとともに、尊い命を無駄にしない願いが込められている。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-12

    晩秋の風物詩 熱海梅園に紅葉のじゅうたん、地面がオレンジや黄に染まる

    もみじまつりが閉幕した熱海梅園では、紅葉が最終章に入り、オレンジ色のモミジや黄のイチ…
  2. 2019-12-12

    熱海市、台風被害支援「宿泊クーポン」発行取りやめ 再検討で効果に疑問

    熱海市は12月12日、台風19号で断水などの被害を受けた市内ホテル旅館の誘客促進に発行するとしていた…
  3. 2019-12-12

    俳優・梅宮辰夫さん死去 81歳 長年にわたり、熱海のイベントに協力

    俳優の梅宮辰夫さんが12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。真…
  4. 2019-12-11

    マリーズキッチンで「眺めの良いコンサート」 熱海にトランペットの音響く

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月8日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタ…
ページ上部へ戻る