【社会】台風で停車中、新幹線熱海駅で期限切れ缶詰パン 乗客から指摘

JR東海は10月23日、台風21号の影響で熱海駅に約5時間停車していた新幹線こだま705号(東京発静岡行き)の車内で、乗客に配った缶詰のパンの賞味期限が切れていたと発表した。同日、熱海保健所に報告した。23日午前3時ごろ、乗客に非常用に備蓄していたパン128食を配った。パンは5年間保存できるが、賞味期限は今年8月までだった。健康被害は報告されてないという。乗客から指摘を受け、乗務員が15食を回収した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  2. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  3. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  4. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
ページ上部へ戻る