【経済】8月の入湯客数5・6%、1万8208人の減少 3年連続でダウン

熱海市は8月の入湯税課税状況を公表した。285施設の課税人員(宿泊、休憩)は30万3872人で前年同月を1万8208人(5・6%)下回った。2011年の東日本大震災以前の水準は保っているものの、3年連続で減少した。1月からの累計入湯客数は193万4915人で、前年同月比で1・6%減となっている。
(熱海ネット新聞)
■入湯税 地方税法に定められている、温泉などで徴収される市町村の税金。課税されるのは、鉱泉施設があるホテル、旅館、スーパー銭湯、健康センターなど。税額は1人1日当たり150円。宿泊者数や日帰り観光客数を測るベースになる。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
  2. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。まゆ玉は家庭や職場にまつることに…
  3. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  4. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
ページ上部へ戻る