【政治】希望の党、首相指名は渡辺周氏に投票 共同代表は当面置かず 

希望の党は10月27日、国会内で両院議員総会を開催し、11月1日召集の特別国会の首相指名選挙で、渡辺周・元防衛副大臣(衆院静岡6区)に投票することを決めた。当初は古川元久氏に投票する方向で調整していた。役員人事では、小池百合子代表(東京都知事)を補佐し、国会議員団を代表する共同代表は当面置かず、暫定的に幹事長(政調会長を兼務)に大島敦・前民進党幹事長、国会対策委員長には笠浩史・元民進党国対委員長代理を充てる。総会では、規約を見直したうえで11月末をめどに、共同代表選挙を行うことも決めた。
(熱海ネット新聞)
■渡辺周氏の話 首相指名候補になり、大変身が引き締まる思いだ。希望を持ってもらえるような党としてこれから少しずつだが、支持を得られるように努める。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る