【歳時記】秋の名月「十三夜」 ほんのり切なく、熱海の夜空彩る



今年は11月1日が十三夜。秋の名月の鑑賞と言えば、十五夜(旧暦8月15日)が有名だが、日本では古来より十三夜(旧暦9月13日)とセットで祝う風習がある。十五夜の夜は曇ったり雨が降ったりで月が見えないことが多いが、「十三夜に曇りなし」と言われるほど、十三夜の夜はスッキリ晴れることが多い。熱海でもご覧のようなほんのり切ない月が上空に浮かんだ。
「十三夜」は名残の月とも呼ばれ、仲秋の名月(今年は10月4日)から一月遅れの、満月の2日前をいい、日本独特のお月見。この月は樋口一葉の小説や、さだまさしが作詞作曲し、鈴木雅之が歌うバラードにも切なく描かれており、心の琴線に触れる。
近年、熱海市では「月」を観光コンテンツに取り入れるホテル、旅館が増え、伊豆山の「ATAMI せかいえ」では11月3日に新棟「ATAMI せかいえ 月の道」を開業する。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

こちらは今年10月4日の仲秋の名月=熱海

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る