【歳時記】秋の名月「十三夜」 ほんのり切なく、熱海の夜空彩る



今年は11月1日が十三夜。秋の名月の鑑賞と言えば、十五夜(旧暦8月15日)が有名だが、日本では古来より十三夜(旧暦9月13日)とセットで祝う風習がある。十五夜の夜は曇ったり雨が降ったりで月が見えないことが多いが、「十三夜に曇りなし」と言われるほど、十三夜の夜はスッキリ晴れることが多い。熱海でもご覧のようなほんのり切ない月が上空に浮かんだ。
「十三夜」は名残の月とも呼ばれ、仲秋の名月(今年は10月4日)から一月遅れの、満月の2日前をいい、日本独特のお月見。この月は樋口一葉の小説や、さだまさしが作詞作曲し、鈴木雅之が歌うバラードにも切なく描かれており、心の琴線に触れる。
近年、熱海市では「月」を観光コンテンツに取り入れるホテル、旅館が増え、伊豆山の「ATAMI せかいえ」では11月3日に新棟「ATAMI せかいえ 月の道」を開業する。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

こちらは今年10月4日の仲秋の名月=熱海

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る