【編集室】12月31日まで熱海市民を無料招待 アカオハーブ&ローズガーデン










熱海市のアカオハーブ&ローズガーデン(赤尾宣長社長)で11月1日、秋の市民無料招待が始まった。例年は、文化の日などに合わせ、1日限定が多かったが、今年は9月に世界的建築家の隈研吾(くま・けんご)氏がデザインした太平洋を一望できるカフェ「COEDA HOUSE」がオープン。感謝の気持ちを込めて12月31日まで延長して実施する。
園内では、台風21号の難を逃れた秋バラやローズヒップ(バラの実)が咲き続き、甘い香りに包まれている。パイナップルセージ、コモンタイムのセージやローズマリー、スペアミントのハーブ花、チロリアンランプは見頃。周囲の山々は紅葉が進み、ガーデンを巡っていると花々の合間に太平洋が一望できる。
「COEDA HOUSE」近くには豪華なヒノキを使った品格のあるトイレ、ハーブ工房にも木製のブリッジが新設され、施設も一層拡充。来春に備え、カンパニュラ(風鈴草)などの植栽も始まっている。
市民無料招待は入場の際に、免許証などの住所が分かるものを提示する。市民が同行しての入場は割引となる。明日からの3連休にお勧め―。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせは☎0557-82-1221へ



COEDA HOUSE

ヒノキのトイレ

ハーブ工房のブリッジ

来春に備え、カンパニュラなどを植栽



アカオハーブ&ローズガーデン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る