【文化】下多賀町内文化祭、つるし雛など個性光る郷土の作品展示



第39回下多賀町内文化祭が11月5日、下多賀公民館と下多賀神社境内であった。主催する下多賀町内会(中島和昭会長)の地域住民が工芸品やパッチワーク、写真、絵画など多ジャンルの作品を展示した。女性部は雛のつるし飾りや折り紙、シニアクラブは手芸、多賀小、中の児童生徒は書道や絵画。中張窪石丁場保存会は写真や歴史資料をそれぞれ展示した。
境内では部農会による農産物品評・即売会があり、鹿島保存会は焼きそばやお餅を販売し、人気を集めた。女性シンガー・たなかみどりさんの弾き語りを皮切りに、三島マジック、地元出身の西島和哉さんのお笑いコンビ「クルスパッチ」、熱海高校エイサーブ、バルーンアートのステージが続き、大勢の地域住民が個性光る郷土の文化を楽しんだ。
(熱海ネット新聞)



女性部



シニアクラブ

部農会

鹿島保存会



中張窪石丁場保存会


町内会の菓子販売

ステージ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る