【編集室】夜の熱海、グラス片手に「アート」楽しむ 好評「ほろ酔い講座」






お酒を味わいながらMOA美術館の展示作品を学ぶ「ほろ酔い講座」が11月5日夜、熱海市銀座町のゲストハウス「マルヤ」で開かれた。同美術館の特別展覧会に合わせて催される人気イベント。通産16回目となる今回は、10月27日から始まった特別企画展「武者小路千家・千宗屋のキュレーション・茶の湯の美」(~12月10日)がテーマ。同美術館広報の泉山茂生さんが千利休からおよそ400年続く伝統の茶の湯を分かり易く解説した。
今回もお酒コーディネーターの石和宏深さん(石和酒店)がとびっきりの”お供”をセレクト。食前酒にドライベルモット「ドラン」、メーンに英君・白菊純米吟醸、食後酒は正雪にごり「スパークリングSNOW」。同ハウス女将の豊田千穂さんとともに、参加者をもてなした。
■豊臣秀吉が黄金の茶室で用いた「天目茶碗と茶入」同時公開
泉山さんの今展覧会のイチオシは豊臣秀吉の「黄金の茶室」(復元)に展示される「黄金の天目茶碗(個人蔵)と茶入(MOA美術館所蔵)」。秀吉が実際に黄金の茶室で用いたと伝えられるもので、大坂城が落城した大坂夏の陣(1615年)の際、徳川家康が江戸に運ぶ途中、名古屋城に留め置かれたままになっていた。その後、家康の9男、義直の生母・お亀の方から家老竹腰家に下賜(かし)。時がたち、三井物産を創業した益田孝氏(茶人・益田鈍翁)が手中に収めたが、その後、天目茶碗の行方がわからなくなっていた。このほど所有者が分かり、二つの同時公開はおよそ半世紀ぶりという。
平安時代に中国から伝わった豪華絢爛のお茶ワールドから、精神性重視の室町時代、織田信長、秀吉の”武士の恩賞”、家康のうっかり…千利休や古田織部、小堀遠州も登場し、利休には熱海で湯治したことを伝える書状もあるという。
ほろ酔い講座は、ゆるーく2時間半。次回が楽しみだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)










写真=黄金の天目茶碗(個人蔵)と茶入(MOA美術館所蔵)はMOA美術館より

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

9月
22
2018
4:00 PM 月の道 薪能 @ 熱海熱海サンビーチ
月の道 薪能 @ 熱海熱海サンビーチ
9月 22 @ 4:00 PM – 9月 23 @ 11:30 AM
 
7:00 PM 次年度説明会 今宮神社厄年奉賛会 @ 起雲閣音楽サロン今宮神社
次年度説明会 今宮神社厄年奉賛会 @ 起雲閣音楽サロン今宮神社
9月 22 @ 7:00 PM – 8:00 PM
今宮和田奉十絆會
9月
24
2018
6:30 PM 源実朝偲ぶ仲秋の名月 @ 伊豆山神社
源実朝偲ぶ仲秋の名月 @ 伊豆山神社
9月 24 @ 6:30 PM – 8:00 PM
源実朝偲ぶ仲秋の名月 @ 伊豆山神社
現代歌壇を代表する歌人の献歌や、実朝の舞の奉納。
7:00 PM 仲秋の観月祭・演奏会 @ 来宮神社
仲秋の観月祭・演奏会 @ 来宮神社
9月 24 @ 7:00 PM – 8:30 PM
月明かりの下、風流な雅楽や琴、雅舞を楽しむ
10月
5
2018
9:30 AM リニューアル記念 特別展 @ MOA美術館
リニューアル記念 特別展 @ MOA美術館
10月 5 @ 9:30 AM – 11月 4 @ 4:30 PM
杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ
10月
7
2018
全日 湯前神社 湯汲みパレード
湯前神社 湯汲みパレード
10月 7 – 10月 9 全日
10月6日 13;00 湯汲み神事(熱海駅前広場)→ 湯汲パレード 10月7日 13;00 献湯祭

ピックアップ記事

  1. 2018-9-22

    予選リーグ 熱海の6試合、雨天中止/全国中学生都道府県対抗野球大会

    9月22日に熱海市上多賀の熱海市民グラウンドで予定されていた「第18回全国中学生都道府県対抗野球大会…
  2. 2018-9-22

    補正予算に5800万円、小中学校など公共施設のブロック塀撤去

    熱海市は9月21日、市役所で記者会見を開き、9月28日に開会する市議会9月定例会に上程する議案を公表…
  3. 2018-9-22

    飲酒運転を根絶! 熱海駅前の飲食店回り呼びかけ/秋の全国交通安全運動

    秋の全国交通安全運動が9月21日始まり、熱海警察署、熱海市、交通安全指導員など20人が熱海駅…
  4. 2018-9-21

    緊急会見「ラインアスロック」10月27日に「集まれ!あたみ防衛隊 」

    大怪獣熱海に出現、この街を守れ! 熱海の子供たちにヒーローショーを楽しんでもらおうと「集まれ…
ページ上部へ戻る