【市政】消防本部と消防団4方面11隊が合同訓練、網代湾に一斉放水









  • 秋の全国火災予防運動に合わせて熱海市消防本部は11月12日、熱海市の網代漁港埋立地一帯で消防署1隊(南熱海出張所)と市消防団4方面11隊(女性消防部1)が合同訓練を行い、約350人が参加した。
    網代地内の住宅密集地から出火した火災が、強風により延焼拡大したため、熱海消防の総力を集結して防御活動する――という想定の下、指令を受けて出動した各隊は、ポンプ車で現場に到着すると手際よくホースを連結し、齊藤栄市長、川口健市議会議長、土屋千秋消防長、牧野克昭団長、加藤正春網代連合町内会長らが観閲する中、指揮本部の萩原辰生副団長(統括責任者)の号令で網代湾へ向てけて一斉放水した。その後、網代漁港埋立地で訓練終了式を行い、協力して消火活動に当たるとともに防災体制を確認した。
    (熱海ネット新聞)




  • 関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    ピックアップ記事

    1. 2018-7-22

      ミス熱海「梅娘」増田玲未さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

      スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017」があり、ミス熱海「…
    2. 2018-7-22

      網代が最も熱くなる夜「ベイフェス」で幕 弓張り提灯、宮町から旭町へ

      熱海市網代の阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る「網代ベイフェスティバル2018」(…
    3. 2018-7-21

      熱海サンビーチ「ウォーターパーク」営業開始 連日の猛暑、子供たちの歓声響く

      熱海市観光協会は7月21日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今夏の…
    4. 2018-7-21

      アロハフェス開幕、熱海がハワイに!初日は27ハラウ、295人がフラの共演

      「アタミ・アロハフェスティバル2018」が7月21日、熱海市の渚親水公園イベント広場で始まっ…
    ページ上部へ戻る