【県政】県立伊東高校、城ヶ崎分校、伊東商高を1つに統合再編

 伊東市の県立伊東高校、同校城ケ崎分校、伊東商業の3校が2023年度をめどに統合し、発展的に改編されることが分かった。静岡県教育委員会が10年後の2028年度を見通して県立高の在り方を示す「魅力ある学校づくり推進計画」(第3次長期計画)案を策定する中で明らかになった。11月15日から12月5日まで県民意見を募集し、来年1月下旬をめどに正式決定する。
県教委は県立高全日制の適正規模を1学年6~8学級と設定。1学年4学級以下で推移する見込みの学校から新構想校の対象に選定した。3高の1学年の学級数は伊東高校4、城ヶ崎分校1、伊東商4。将来を見据え、新しい魅力を持たせるために改編する。
(熱海ネット新聞)


今夏の「初島・熱海間団体競泳大会」に出場した伊東高校水泳部。同高OBの川口健熱海市議会議長と

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る