【紅葉】熱海梅園の色づき状況 例年より早いペースで秋色に染まる





昼夜の寒暖差が大きくなり、熱海梅園では、日毎に紅葉が進み、赤や黄に染まっている。11月14日は雨上がりとも相まってご覧のような秋景色が見られた。ビュースポットの赤い駐杖橋(ちゅうじょうばし)付近は見頃を迎え、韓国庭園の周辺も見頃を迎えつつある。今年は例年より色づきが早く、木々の間から柔らかな陽光が差し込む午前中に散策する人が多い。全体の見頃は下旬という。
(熱海ネット新聞)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のラッパスイセン、イノシシ“ラッセル掘り”被害 1万株壊滅

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る