【編集室】女優二宮さよ子さん、金色夜叉の朗読指導 文学座仕込みの発声





熱海市のいきいきプラザで11月22日、熱海市出身の女優二宮さよ子さんが小説「金色夜叉(こんじきやしゃ)」の朗読指導を行った。熱海市は毎年1月17日に「尾崎紅葉祭」を開き、貫一お宮の像前で記念式典を開く。熱海芸妓が別れの寸劇を演じるが、来年は熱海の名を全国に広めた「金色夜叉」の作者・尾崎紅葉(1868~1903年)の生誕150周年を迎えるのを記念し、二宮さんによる語りが加わった。
生粋の”熱海っ娘”の二宮さんは「私一人で朗読するより、熱海の市民と一緒のほうが尾崎先生も喜ばれると思う」と市に提案。公募した熱海市民6人(近隣市含む)と東京都内で指導しているよみうりカルチャー朗読講座「二宮さよ子塾」の生徒6人と合同で群読することになり、この日が熱海側の第1回目のけいこ。二宮さんは参加した4人(欠席2人)に文学座仕込みの発声法などを伝授し、全員で貫一とお宮の別れの場面を朗読した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■二宮さよ子(にのみや・ さよこ=本名同じ)1948年6月、熱海市生まれ。女優、舞踊家。文学座出身。代表作品は五人の女、ふるあめりかに袖はぬらさじ、金色夜叉、牡丹燈篭、桜の園、杉村春子物語(以上舞台)江戸を斬る、遠山の金さん、座頭市(以上テレビ)など。実家は老舗とんかつ店「喜撰(きせん)」。




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る