【社寺】来宮神社で御鳳輦奉仕者の引き継ぎ式 伝統の重みズシリ


来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕者の引き継ぎ式が行われた。雨宮盛克宮司や神社総代、祭典委員らが見守る中、本年度厄年奉賛会「跳昇伍團壱會」(としょうごうまるいちかい)」の鈴木宜志会長から次年度厄年奉賛会の川本数章会長予定者に来宮神社例大祭の引き継ぎ関連書類一式が入った箱が手渡された。川本会長予定者は「先輩たちが代々受け継いできた御鳳輦の伝統を守り、精一杯努めさせていただきます」と気合を込めてあいさつした。会の名称は来年1月の設立総会で決める。
(熱海ネット新聞)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。熱海では「御鳳輦奉仕」として代々引き継がれ、7月の来宮神社例大祭では、猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦が氏子町内を渡御。平成30年度は昭和51年4月2日~52年4月1日生まれ。
■平成30年度来宮神社御鳳輦奉仕者
川本数章、小澤幸助、村上静夫、小城真、高橋信英、安井久幸、中村哲勇、橋本友成、寺田俊宗、内田光、大澤勉、富沢毅一、鈴木一二三、逸見洋一郎、秋永祐司、鈴木隆辰、小野幹男、西村信胤、浅田辰雄、白井龍身、早川成幸
■同女子部
白橋恵、飯村笑子、芹沢麻子、新谷小百合、近藤美由樹、加藤雅代、武本寿子、白川典子、日下知里、土屋宏美、薄井いく子、山本寿美






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  2. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
  3. 2019-12-9

    消費増税も影響なし、忘年熱海海上花火大会に1万5千人 冬の夜空彩る

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月8日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタ…
  4. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
ページ上部へ戻る