【市政】齊藤栄市長が早々と出馬表明、4選目指す 来年9月の市長選

熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた市議会11月定例会の上程議案説明の最後で、2018年9月に実施される市長選で4選を目指して出馬する考えを表明した。「私の市長としての任期は11月定例会をもって残り1年を切る。公営企業会計の不良債権がようやく全額解消となり、熱海市の宿泊者数がV字回復を遂げたと言われるが、さらなる地域経済の活性化や高齢者、障害者、子どもたちに対する福祉の充実など、取り組むべき課題はいぜんとして山積している」と力説した。
「回復から躍進へ新生熱海の次のステージに向かうため、今後も粉骨砕身し、全身全霊力を尽くしていきたい。そのため引き続き、市長の職を続けたいと考えている」と述べ、4選へ出馬する意思を表明した。
次期市長選に出馬を表明したのは齊藤氏が初めて。2006年の市長選で初当選し、14年に3選を果たした。前回の市長選での出馬表明は選挙年の6月定例会で今回は半年以上早い。任期満了は2018年9月13日。
(熱海ネット新聞)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る