【経済】熱海交通自動車の破産開始が決定、負債総額は2億5千万円

静岡地裁沼津支部は、熱海市渚町の熱海交通自動車(原英之社長)から出されていた自己破産申請を受理し、11月30日までに破産開始を決定した。民間調査会社東京商工リサーチ(TSR)によると負債総額は2億5千万とみられる。同車はタクシー事業のほか自動車修理工場も手掛けていた。
同社は昭和15年設立で熱海市で最も歴史の古いタクシー会社。営業所を本社(渚町)、熱海駅前、網代駅前に設けていたが、11月27日からすべて運行を取りやめている。このうち、タクシー台数の少ない網代駅では年末年始にかけて混乱が予想されることから、南熱海網代温泉旅館協同組合と網代温泉観光協会は、伊豆第一交通に増車を要請した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る