【市町駅伝】熱海市は過去最高の21位、タイムも歴代ベスト2時間22分18

第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会など主催)が12月2日、県庁前から草薙陸上競技場に至る静岡市内の12区間42・195キロで行われ、35市町から39チームが出場。23市27チームが出場した市の部で、熱海市は過去最高の21位に入り、過去最高タイムの2時間22分18でゴールした。市の部は浜松市北部が2時間12分39秒で3連覇。2位は富士市、3位は浜松西部だった。
町の部は12チームが競い、函南が2時間18分43秒で優勝した。
写真=熱海市広報

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-8

    第31代ミス熱海「梅の女王」に杉本和香奈さん 聖心女子大卒の才媛

    熱海市観光協会は12月8日、起雲閣で「第31代ミス熱海梅の女王」と「同梅娘」「同桜娘」の発…
  2. 2019-12-8

    【お悔やみ】遠藤三子さん(熱海市昭和町)12月1日死去

    遠藤三子さん(えんどう・みつこ)12月1日死去、84歳。熱海市昭和町。みどり丸食堂。通夜9日午後6…
  3. 2019-12-7

    絶品アジの開きを食べてみて! 師走恒例「網代温泉ひもの祭り」始まる 

    熱海市の網代温泉で12月7日、師走恒例の第45回「網代温泉ひもの祭り」が始まった。毎年12…
  4. 2019-12-7

    【お悔やみ】初根しゆさん(熱海市下多賀)12月5日死去

    初根しゆさん(はつね・しゆ)12月5日死去、92歳。熱海市下多賀。出棺9日午前11時、JAホール南…
ページ上部へ戻る