【市町駅伝】熱海市は過去最高の21位、タイムも歴代ベスト2時間22分18

第18回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会など主催)が12月2日、県庁前から草薙陸上競技場に至る静岡市内の12区間42・195キロで行われ、35市町から39チームが出場。23市27チームが出場した市の部で、熱海市は過去最高の21位に入り、過去最高タイムの2時間22分18でゴールした。市の部は浜松市北部が2時間12分39秒で3連覇。2位は富士市、3位は浜松西部だった。
町の部は12チームが競い、函南が2時間18分43秒で優勝した。
写真=熱海市広報

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  2. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
  3. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  4. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
ページ上部へ戻る