【社会】今年一番大きな満月、熱海を照らす 萌えるモミジと「オレンジ」の共演


地球に近づくため大きくて明るい満月「スーパームーン」が12月4日未明、熱海でも観測することができた。国立天文台によると、今年最小だった6月9日の満月に比べて1割以上大きく、約3割明るかったという。熱海梅園ではいオレンジに彩られたカエデの木々の上にオレンジ色のお月様が姿を現し、冷え切った園内をまぶしく照らしていた。
(熱海ネット新聞・天体取材班)
■最接近 月は楕円(だえん)の軌道で地球を回っているため、月と地球の距離はおよそ35万~40万キロの間で変化する。近いと大きく明るく、遠いと小さい。この夜は約35万8千キロで、今年の満月で最も近かった。
■次の満月 1月2日で来年中で地球に最も近く、「最大」。その次の1月31日の満月では、月が地球の影に隠れる皆既月食が全国で観察できる。


紅葉と梅と満月のコラボ、日本で唯一無二

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る