【市政】市子連が「20分なわとび」大会 市内7小学校の児童154人が交流



熱海市子ども会育成指導者連絡協議会(市子連、須田哲義会長)は12月9日、南熱海マリンセンターで「子どもの祭典」を開いた。42回目を迎えた恒例のなわとび大会決勝には、初島を除く市内7小学校の予選を勝ち抜いた児童154人(各学年の上位3人)が出場。齊藤栄市長や父兄が声援を送るなか、男女同時に学年ごとに「20分」を目標に実施し、跳び続けた時間を競った。
市子連は、同じ地域に住んでいる年齢の違う子どもたちで組織する「子ども会」を支援する会で、子ども会の会員の保護者などで構成されている。熱海市子連では、もちつき大会、キャンプ研修、 なわとび大会など様々な行事を行い、子ども会の健全育成に努めている。この日は柿島陽菜さん(多賀小6年)が司会を務めた。
(熱海ネット新聞)







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る