【市政】火災被害者の市営住宅一時使用へ 熱海市が救済支援

12月10日に熱海市小嵐町であった住宅火災で、熱海市が被害を受けた市民に対し、市営住宅の一時使用を許可する方針を固めた。今回の火災では、けが人がなかったものの、住宅6棟を全焼、1棟が半焼し、企業の保養施設1棟の窓ガラスや住宅のトタン屋根などを焼いた。11日の市議会観光建設公営企業委員会で田中秀宝委員長が「厳しい寒さの時期でもあり、一時的に市営住宅を提供するなど、市としても被災者にできる限りの対処をしてほしい」と協力を求めた。市当局は「現在、すぐに使用できる空き住宅は3部屋ある。ただ給湯設備の問題もあり、その辺を検討したい」と支援を約束した。
出火元と思われる家は、出火当時、留守だったことから、市消防本部と熱海署は11日も現場を再検分し、詳しい出火原因を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に3千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月22日、熱海湾で熱海海上花火大会の秋季シリーズが開幕した。台風12号…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る