【社寺】よき新年願い、今宮神社でお正月の「創作お飾り作り教室」



熱海市の今宮神社(泉明寺みずほ宮司)で12月14日、お正月の縁起物を作る「創作お飾り作り教室」が開かれ、氏子の夫人ら14人が縄をなうなど昔からの製法を学んだ。参加者は沼津工高のOBで作る三島函南沼工会の建築士・安井瞭次さんの指導を受け、真剣な眼差しで縁起物の松ぼっくりやダイダイ、ウラジロを結びつけるなどして、3時間かけてしめ縄とお飾りを完成させた。
全て本物の素材を使い、藁(わら)は韮山、橙(だいだい)は南伊豆町、紫や赤の千日草は長野県南アルプス市から取り寄せた。同神社では3年前からこの教室を開催。出来上がったお飾りはそれぞれの自宅に持ち帰り、新年を迎える際に神棚に飾る。
(熱海ネット新聞)


泉明寺みずほ宮司

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る