【熱海の花】糸川遊歩道で「あたみ桜」開花 銀座バス停の基準木、春告げる



熱海梅園前の市道に続いて12月17日、糸川遊歩道で「あたみ桜」が開花した。熱海市銀座町の糸川左岸、国道135号線「銀座バス停」横に植えられている基準木もご覧のようなピンクの花を咲かせた。例年、1月初旬~中旬ごろに咲き始めるが、3週間ほど早い。同遊歩道では、1月20日(土曜)から「あたみ桜糸川桜まつり」(~2月11日・日祝)が始まる。昨年に続き初日から見頃が期待できるが、市内の観光・飲食関係者は、昨年を上回るスピードに「最終日まで満開を保ってほしいが…」と気をもんでいる。
あたみ桜は、紅葉が終わり、葉が落ちた後に花を咲かせる流れだが、昨今の”あたみっ娘”は人も花木もイケイケ! 慣習にはとらわれない。年内は日本一遅い「紅葉と」と日本最速の「桜」が両方楽しめる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■あたみ桜 熱海の「市の木」で日本で最も早く咲く桜。沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。開花期間は1カ月以上。明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた。見頃は1月下旬〜2月上旬。河津桜の開花は2月上旬。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る