【社会】事故の衝撃模擬体験 熱海駅前で交通安全を呼び掛ける




年末の交通安全県民運動に合わせ、熱海署、熱海市、熱海地区安全運転管理協会、交通安全協会熱海支部は12月22日、熱海駅前広場で体験型交通安全イベントを開いた。時速5キロの交通事故の衝撃を模擬体験するコーナーでは、シートベルトを着けていても大きな衝撃があることにびっくり。俊敏性測定器の体験、白バイの乗車を含めた4種の体験コーナーもあり、多くの市民や観光客が参加した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る