【社寺】年に1回「1時間だけ」ご開帳 運慶作「毘沙門天王像」/1月3日

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で1月3日早朝、「毘沙門天王像」がご開帳される。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、大祭が開かれる1月3日午前5時半から同6時半までの1時間だけ。富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、右手に戟(げき)、左手に五重塔を持つ威厳と尊厳を兼ね備えた立像が現れ、参詣者たちは手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願する。
縁起物のだるまの販売もあり、夜明け前にもかかわらず、多くの人が拝顔に訪れた。
(熱海ネット新聞)
■小山毘沙門堂 網代の漁師たちの大漁祈願の神として貞享2年(1685年)に再建。日蓮宗三島本覚寺の末寺最栄山富西寺に属し、信者たちが細々と管理してきたが、昭和50年に小山町毘沙門堂奉賛会(蒔田広康会長)が発足。以後、小山町内会(西島幹人会長)とともに組織的に運営している。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る