【社寺】「茅の輪」くぐり無病息災を願う、年越しの大祓式/伊豆山神社


伊豆山神社(原嘉孝宮司)で大晦日の12月31日夕、「年越しの大祓(おおはらえ)式」があり、参拝者が境内に設置された直径約2メートルの「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。知らず知らずに犯している日常の罪穢(けが)れを、6月と12月末日に祓い清める神事で同神社では平安期から親しまれている。今年8月に急逝した原口尚文前宮司に代わり、大鳥居素(おおとりい・もとむ)禰宜(ねぎ)が神事を執り行い、絹や麻の布を引き裂いて魔物が嫌うとされる「衣擦(きぬず)れの音」を響かせ、除災を祈願した。
集まった人たちは大祓詞(おおはらえのことば)の祝詞を唱えたあと、原口靖巨(やすなお)権禰宜、大鳥居禰宜に続いて古式に従い三度、茅の輪をくぐった。茅の輪は1月7日まで設置される。近年は抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっている。
6月の最終日には「夏越(なごし)の大祓」が齋行される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る