【経済】「トランスイート四季島」熱海駅に初停車/JR東日本の豪華寝台列車

ようこそ、温泉の街熱海へ―。JR東日本の豪華寝台列車「TRAIN SUIT(トランスイート)四季島」が大晦日の12月31日午後、初めて熱海駅に停車した。2番ホームで齊藤栄市長、中島幹雄市観光協会会長、宮原智子JR東日本熱海駅長、熱海芸妓の小夏さんらが乗客を出迎えた。今回の熱海駅停車は、12月31日~元日に運行する特別コース。この日午前9時50分に上野駅を出発し、熱海駅を経由して横須賀駅へ。同駅ではクルーズ船で出港して船上でカウントダウンパーティーを開き、年越しを迎える。1日は和田浦駅(千葉県南房総市)でホームから初日の出を鑑賞。さらに鹿島神宮駅(茨城県鹿嶋市)で降車して初詣をし、夕方に上野駅に戻る。価格は1人45万~65万円と高額だが、定員34人に対し10倍の応募があったという。熱海駅では、MOA美術館を訪れ、日本美術の至宝を鑑賞した。
(熱海ネット新聞)
到着の写真=熱海市広報
■TRAIN SUIT四季島 シャンパンゴールド色の高級感のある車体が特徴。17の客室すべてがスイートで、食堂車では沿線各地の食材を使った料理を提供する。通常は北海道や東北方面の3泊4日コース、甲信越方面の1泊2日コースを運行している。10両編成。2017年5月から運行開始。




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る