【熱海芸妓】出の衣装で正月公演 「梅まつりの歌」など8演目を披露

湯めまちをどり・華の舞の「正月公演」が1月1日、熱海芸妓見番歌舞練場で始まった。熱海芸妓衆がお正月やおめでたい日に着る黒留袖の「出の衣装」に身を包み、優雅な舞いを披露した。
正月公演は8演目で構成され、熱海芸妓の松千代(西川千鶴子熱海芸妓置屋連合組合組合長)、紗都美、ほたる、ちづ穂の口上(新年のあいさつ)で始まり、正月、消防出初式の「初出みよとて」「けんかかっぽれ」「深川くづし」「梅は咲いたか」「豊年の雪」と続き、熱海梅園の梅まつりのために中山晋平が作曲した「梅まつりの歌」、エンディングの「三下り甚句」で締めくくる。公演後は舞台に降り、観客と一緒に記念撮影したり、会話したりして交流した。
正月公演は2日まで。観賞料は1500円(茶と菓子付き)。午前11時~30分間。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせ 熱海芸妓置屋連合組合☎0557-81-3575
■動画はコチラ…熱海芸妓の正月「口上」


初出みよとて

けんかかっぽれ

深川くづし

梅は咲いたか

豊年の雪

梅まつりの歌

三下り甚句

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る