【社会】きょう小寒、熱海市で初雪 ご覧のような雪化粧/自然郷


きょう1月5日は、二十四節気のひとつ「小寒」。冬至と大寒の中間で寒さが厳しくなり始めると頃と言われている。上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、熱海市でも初雪が観測された。市街地では降雪がなかったものの、下多賀・山伏峠や上多賀・自然郷、熱海・笹尻交差点付近では雪が積もり、ご覧のような雪化粧。市は、5日夜から6日朝にかけて路面凍結の恐れがあることから、注意を呼び掛けている。
(熱海ネット新聞)
■熱海の気温 最高6度、最低気温3度=1月5日
■小寒(しょうかん) 冬至 から数えて15日目頃、冬至 と大寒の中間。いわゆる「寒の入り」。小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で、寒さが厳しくなる。冬本番。寒稽古や寒中水泳が行われるのは、この「寒」の時季。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る