【市政】海中から万歳三唱、新成人を祝福 新春恒例「寒中水泳大会」



藤曲敬宏県議、身を切る祝福-。今年で72回目となる新春の伝統行事「寒中水泳大会」(主催=NPO法人熱海市体育協会、熱海市)が1月7日、熱海サンビーチであり、女性5人を含む6歳~75歳の53人が初泳ぎをした。春を思わせる陽光の下、気温は前年より7度高い15・5度。水温は15度。来年成人式を迎える19歳の高橋颯太さんが選手宣誓を行い、参加者たちは「祝成人」の鉢巻きを締め、水着やふんどし姿で気合を込め、水しぶきを上げながら海に入った。一昨年に続き、藤曲敬宏県議も参加(通算3回目)し、309人の新成人を祝福した。杉山誠一市体育協会理事長が笑顔で出迎え、がっちり握手-。
■笑顔で万歳、新成人の門出を祝福
多くの家族や観光客、テレビカメラ、熱海署のパトロール艇「はやぶさ」らが見守る中、沖合へ30メートルほど泳ぎ、笑顔で万歳を何度も三唱。新成人の門出を祝福した。大会後は、スタート前に血圧、体温等の身体検査を受けた旅館「渚館」に戻り、熱海温泉にじっくりつかり、冷えた体を温めた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■杉山誠一市体育協会理事長  いま熱海のまちは大変元気がある。心身ともに清らかにして新成人を祝福し、熱海の元気さを全国に発信しましょう。気合いを入れて頑張ってください。
■藤曲敬宏県議 一昨年、その前の年と2年連続で参加し、健康を保てた。昨年は雨で気温が低く、自重したら、逆に大風邪をひいてしまった。海の神様に申し訳ないと思い、あらためて参加させていただいた。









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る