【編集室】1月7日早朝、木星と火星が超接近! 日の出前の熱海で激写

惑星は、太陽の周りを公転しているため、1月7日に地球を挟んで両隣の火星と木星が接近するという天体情報をキャッチ。本紙・天体取材班は熱海上空に狙いを定め、同日午前5時ごろに撮影に成功した。木星よりも内側を公転している火星は見かけの動きが大きく、あと2、3日は双眼鏡や低倍率の望遠鏡で観察することができる。夜の帳(とばり)が明け、次第に薄明るくなる頃の南西の空が狙い目。13日には水星と土星が接近する。潮風と富士山からの風が交錯し、年間を通して澄んだ空に恵まれた熱海の市民、観光客の密かな楽しみ―。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る