【社寺】古儀にのっとり鎮火祭、今年1年の無火災を祈る/伊豆山神社







「火伏せの神」として知られる伊豆山神社で1月15日、伝統行事「鎮火祭(ひしずめのまつり)」が厳かに執り行われた。熱海市消防本部、消防団、伊豆山纏(まとい)会、地元町内会など約40人が参列し、今年一年火災が起きないように願った。神事に続いて伝統行事「火鎮めの儀」があり、大鳥居素(おおとりい・もとむ)禰宜(ねぎ)が神前から移した火でまきに火を付けると音を立てて燃え上がった。参列者は焚かれた炎を前に祝詞を聞き、安全を祈願。火が小さくなると古儀にのっとり水、塩を混ぜた砂、海藻を順にかけて火を消し、火伏せと魔除けを祈願した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■火鎮めの儀 伊豆山神社の祭神「正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさやあかつかつはやひあめのおしほみみのみこと)」が、火と水をつかさどる神であることから、毎年1月15日に行う同神社の伝統行事。


牧野克昭消防団長


土屋千秋消防長


伊豆山纏(まとい)会・高橋幸雄会長(市議)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る