【文化】パパンッ、講談師・宝井琴星さん 「金色夜叉」を一席/熱海駅前広場

一日まるごと尾崎紅葉デーとなった1月17日、熱海駅前広場では尾崎紅葉筆塚保存会(榛葉公孝会長)が、講談会「金色夜叉」を開いた。今年は尾崎紅葉生誕150年の記念イヤーにあたることから、筆塚祭の後に初開催した。人気講談師で講談協会理事兼事務局長の宝井琴星さんが金色夜叉を一席。熱海海岸での貫一、お宮の別れの場面にいたる、二人の馴れ初めをユーモアたっぷりに紹介。ハイライトのシーンでは釈台を前に張り扇をパパンッ鳴らし、物語を盛り上げた。仲見世通り商店街で開いた「貫一・お宮鍋」の無料サービスとの相乗効果で多くの市民や観光客らが笑いをこらえながら熱心に聞き入った。
(熱海ネット新聞)
■宝井琴星(たからい・きんせい) 講談師。講談協会理事兼事務局長。東海大学・工学部建築科を卒業後、設計事務所を経て1973年に宝井馬琴に入門。古典だけではなく新作も多数発表。主な読み物は徳川家康、太閤記、塚原ト伝。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る