【文化】パパンッ、講談師・宝井琴星さん 「金色夜叉」を一席/熱海駅前広場

一日まるごと尾崎紅葉デーとなった1月17日、熱海駅前広場では尾崎紅葉筆塚保存会(榛葉公孝会長)が、講談会「金色夜叉」を開いた。今年は尾崎紅葉生誕150年の記念イヤーにあたることから、筆塚祭の後に初開催した。人気講談師で講談協会理事兼事務局長の宝井琴星さんが金色夜叉を一席。熱海海岸での貫一、お宮の別れの場面にいたる、二人の馴れ初めをユーモアたっぷりに紹介。ハイライトのシーンでは釈台を前に張り扇をパパンッ鳴らし、物語を盛り上げた。仲見世通り商店街で開いた「貫一・お宮鍋」の無料サービスとの相乗効果で多くの市民や観光客らが笑いをこらえながら熱心に聞き入った。
(熱海ネット新聞)
■宝井琴星(たからい・きんせい) 講談師。講談協会理事兼事務局長。東海大学・工学部建築科を卒業後、設計事務所を経て1973年に宝井馬琴に入門。古典だけではなく新作も多数発表。主な読み物は徳川家康、太閤記、塚原ト伝。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
  2. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  3. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  4. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
ページ上部へ戻る