【社会】市内の交通死亡事故ゼロ「780日」で途切れる/熱海署

2015年11月27日から続いていた熱海市内の交通死亡事故ゼロが「780日」で途切れた。1月15日午前9時50分ごろ、熱海市下多賀の国道135号線で、下多賀の金子真二さん(77)が運転する軽自動車が歩道上の信号機の柱に激突。金子さんはドクターヘリで市外の病院に救急搬送されたが、死亡した。この事故で、熱海署は病死の可能性もあることから詳しい死因を調べてきたが、19日、死因が事故によるものと判明した。現場はマックスバリュー熱海多賀店近くの三叉路交差点。車は山側から下ってきた。
(熱海ネット新聞)
■安心安全の観光都市 熱海市内のこれまでの交通事故死ゼロの最長記録は468日(2011年4月26日~12年8月5日)。市の人口は3万7500人余りだが、年間に677万人超の観光来遊者があり、熱海署管内の780日交通事故死ゼロは異例の高水準。全国屈指の安心安全な国際観光都市。


熱海署

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-5-28

    夏の観光シーズンを前に千歳川2・5キロを一斉清掃/熱海市泉の3町内会

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月27日、神奈川県湯河原町の…
  2. 2018-5-28

    【お悔やみ】大月光司さん(熱海市下多賀)5月26日死去

    大月光司さん(おおつき・こうし)5月26日死去、87歳。熱海市下多賀。通夜29日午後6時。告別式30…
  3. 2018-5-27

    頼朝公の「武運」にあやかれ 下松田青年神輿、盛大に渡御/みそぎの滝神社

    来宮神社(雨宮盛克宮司)を本宮とする熱海市緑ガ丘町の「みそぎの滝神社」で5月28日、下松…
  4. 2018-5-27

    北島鉄修さんが金メダル 富山ねんりんピックに好発進/マスターズ水泳

    熱海市のマリンスパあたみで5月27日までの3日間、「2018年度日本マスターズ水泳短水路…
ページ上部へ戻る