【観光】津軽三味線、可憐な梅を背景にじょんがら節響く/熱海梅園



熱海梅園梅まつりの中央ステージで1月21日、津軽三味線ジョージ・ジョンガラショーがあり、大勢の来園者を魅了した。名前の由来は、地元の東京・吉祥寺の「ジョージ」と津軽じょんがら節の「ジョンガラ」の組み合わせで、吉祥寺のある武蔵野市を中心に、福祉施設等でのボランティアや企業・団体のイベント等で演奏活動をしている。ミス熱海の撮影会もあり、可憐な梅を背景にミス熱海「梅の女王」の増田玲未(れみ)さんと「ミス梅娘」の小森眞綾(まあや)さんが来園者をもてなした。
現在、園内では472本中229本の梅が開花、早咲き種は5分咲。中手の鹿児島紅、大盃、十郎、緋の司、増井緋梅が咲き出している。
(熱海ネット新聞・熱海梅園臨時支局)


鹿児島紅

大盃

十郎

緋の司

増井緋梅


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る