【編集室】雪から一夜明け、熱海市街を見おろす絶景/熱海自然郷



1月22日に降った雪は東京都心でも最大23センチの積雪を記録したが、常春熱海の市街地では雪がちらついたものの、降り積もるまでに至らず、熱海市に出ていた大雪警報は午後10時33分に解除開場された。しかし、下多賀・山伏峠や上多賀・自然郷、熱海・笹尻交差点付近では真っ白に雪化粧、およそ10センチの積雪を記録した。一夜明けても山間部の道路には雪が残り、人気脚本家の橋田壽賀子さんも居を構える熱海自然郷別荘地では、ご覧のような熱海市街をみおろすパノラマ絶景が見られた。
一方、熱海市街へ向かう通勤者たちは雪が解けてシャーベット状になった路面をスタッドレスタイヤやチェーンを装着して注意深くドライブしていたが、一部区間では積雪が残り通行止めが続いている。熱海の雪はこの冬2回目。熱海サンビーチ近くの糸川遊歩道では日本最速のあたみ桜の開花、まもなく見頃に入る。こうやって見てみると、タテ長の熱海市だが、高低にもけっこう広い。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  2. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  3. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
  4. 2020-2-20

    熱海市、今秋にカスカイス訪問団 姉妹都市提携30周年で派遣

    熱海市は今秋、海外姉妹都市交流事業としてカスカイス市(ポルトガル)に公式訪問団を派遣する。提携30…
ページ上部へ戻る