【観光】大盃、十郎、鹿児島紅、緋の司、増井緋梅…続々開花/熱海梅園

「梅まつり」開催中の熱海梅園で、第二陣となる中手の梅たちが咲き出し、園内を彩っている。新しく咲き出したのは、大盃=写真=、十郎、鹿児島紅、増井緋梅、緋の司…。園内では472本植えられている梅のうち275本が開花している。早咲きの10本が見頃を迎え、19本が5分咲き、32本が3分咲き、35本が2分咲き=1月24日現在=。梅全体の開花度は1分咲きだが、十分に楽しめる。
1月26日からはMOA美術館で「尾形光琳『「国宝紅白梅図屏風』展が始まる。梅まつりの期間中は、熱海梅園の入園チケットの半券を提示すれば、MOA美術館の入館料が「特割」(大人1600円→1300円)になるサービスを実施する。
(熱海ネット新聞・熱海梅園臨時支局)


十郎(じゅうろう)4本


鹿児島紅(かごしまこう)23本


増井緋梅(ますいひばい)


緋の司(ひのつかさ)3本


ロウバイ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る