【編集室】今季一番の冷え込み、”黒い越冬カモ”続々避寒/熱海・初川


1月25日の熱海市は上空の寒気の影響で網代で氷点下2・3度を記録するなど今シーズン一番の冷え込みとなった。カモの飛来で有名になった初川下流の初川橋付近(ドコモショップ熱海店前)では、見慣れぬ”黒い羽のカモ”が現れ、市民を驚かせている。
この鳥は「オオバン」、中国に生息する水鳥。近年、琵琶湖周辺で急増していたが、このところの寒波でより温暖な熱海に”避寒”してきたとみられる。ツルの仲間で、全長30~40センチの真っ黒な体と白いくちばしが特徴。ユーラシア大陸の北部など広く生息し、冬になると日本でも越冬する。カモの見守りを続けている市内渚町の住人は「黒いカモは初めて見た。でも先住のカモたちとも仲良くすみ分けており、いい雰囲気ですよ」と話し、「常春の熱海は鳥たちにとって居心地のいい地なんでしょうね」。噂を聞きつけたのか、オオドリの数は日ごとに増えている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■氷点下2・3度 熱海では1997年1月22日と並ぶ観測史上7番目の低さ。もっとも低かったのは39年1月6日の氷点下3・1度。


オオバン


カモ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る