【スポーツ】中部Aチーム、4年連続5度目の総合優勝/熱海市民駅伝





第14回熱海市民駅伝競走大会が1月27日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・2キロで開催された。町内会などの部13、一般の部12の過去最多となる計25チームが出場し、2部門でたすきをつないでゴールを目指した。町内会等の部では中部Aチームが49分19秒で4年連続5度目の優勝。総合優勝も果たした。2位は1分31秒差で中部Bが入り、中部勢がワンツーフィニッシュを決めた。一般の部は東海医療学園ACが52分1秒で2年連続2度目の制覇。全チームがゴール直前までデッドヒートを展開。それぞれの地域、団体の期待と夢を背負ってタスキをつないだ。
■この駅伝をステップ台に箱根駅伝を目指せ!
齊藤栄市長は「熱海は走ることがブームになっている。昨年12月の静岡市町駅伝では2時間22秒18で歴代最高記録をマークし、全国高校駅伝でも泉中出身の鈴木芽吹選手が佐久長聖高(長野)優勝の立役者になった。この駅伝をステップ台に市町駅伝、箱根駅伝を目指してほしい」とエールを送った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■気象 天候=晴れ、気温=3・4度、風速1・5m
■主催 熱海市、主管=NPO法人熱海市体育協会
【町内会等の部】優勝=中部A(坂本悠真、鹿田ほつみ、大石真裕、古株麻衣、立見真央、漆原幹人=49分19秒)②中部B③泉A④多賀A⑤西部A⑥多賀B⑦ランナーズ⑧東部⑨多賀C⑩西部B⑪伊豆山⑫網代⑬泉B
【一般の部】優勝=東海医療学園AC(小倉一馬、古野美帆、萩原望夢、野中星南、出崎帆嵩、西川秦徳=52分01秒②熱海高野球部③熱海署④泉エンジョイランニングA⑤中央町1番1号⑥熱海高陸上部⑦ボクシングスクールFIST⑧泉エンジョイランニングB⑨マックスバリュ熱海店⑩東海医療ATチームA⑪東海医療ATチームB⑫熱海高教職員
【区間賞】1区=坂本悠真(中部A)2区=加藤佳怜(泉A)3区=水口直俊(西部A)4区=古株麻衣(泉A)5区=立見真央(中部A)6区=武山悠吾(ランナーズ)




総合優勝した中部Aチームのアンカー漆原幹人選手



総合優勝=中部A(坂本悠真、鹿田ほつみ、大石真裕、古株麻衣、立見真央、漆原幹)


中部B(金井恒雄選手)と泉A(小林翔新選手)のゴール前デッドヒート


一般優勝=東海医療学園AC(小倉一馬、古野美帆、萩原望夢、野中星南、出崎帆嵩、西川泰徳)


【区間賞】1区=坂本悠真(中部A)2区=加藤佳怜(泉A)3区=水口直俊(西部A)4区=古株麻衣(泉A)5区=立見真央(中部A)6区=武山悠吾(ランナーズ)


ゴール担当のカブスカウト



優勝旗返還と選手宣誓(渋谷幸希、高坂優乃選手)=出発式、熱海サンビーチ・サンデッキ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る