【文化】国宝「紅白梅図屏風」公開始まる/MOA美術館 所蔵名品展

熱海市のMOA美術館で尾形光琳作の国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」などを公開する所蔵名品展が始まり、熱海梅園の梅の開花と相まって多くの人が鑑賞に訪れている。紅白梅図屏風は、光琳の最高傑作と評される作品。金地を背景に相対する紅白の梅や水流を描いている
会場には、野々村仁清作の「色絵藤花文茶壺(つぼ)」(17世紀)、中国・唐代に描かれた「樹下美人図」(8世紀)など国宝3点、重要文化財27点を含む計64点が並ぶ。2月11日午後1時半からは学芸員による美術セミナー「尾形光琳の画業と紅白梅図屏風」を開く。問い合わせは同美術館☎0557-84-2511へ。
(熱海ネット新聞)


国宝「色絵藤花文茶壺」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る