【文化】国宝「紅白梅図屏風」公開始まる/MOA美術館 所蔵名品展

熱海市のMOA美術館で尾形光琳作の国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」などを公開する所蔵名品展が始まり、熱海梅園の梅の開花と相まって多くの人が鑑賞に訪れている。紅白梅図屏風は、光琳の最高傑作と評される作品。金地を背景に相対する紅白の梅や水流を描いている
会場には、野々村仁清作の「色絵藤花文茶壺(つぼ)」(17世紀)、中国・唐代に描かれた「樹下美人図」(8世紀)など国宝3点、重要文化財27点を含む計64点が並ぶ。2月11日午後1時半からは学芸員による美術セミナー「尾形光琳の画業と紅白梅図屏風」を開く。問い合わせは同美術館☎0557-84-2511へ。
(熱海ネット新聞)


国宝「色絵藤花文茶壺」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  2. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  3. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  4. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
ページ上部へ戻る