【天文】スーパー皆既月食、熱海でも 赤銅色の満月、1時間17分

太陽と地球と月が一直線に並び、月が完全に地球の影に入る「皆既月食」が1月31日夜、熱海市でも観測できた。午後8時48分から満月が地球の影に隠れて欠けていく月食がスタート。午後9時51分からおよそ1時間17分、月が完全に隠れる「皆既月食」となり、冬の夜空に神秘的に赤黒い赤銅(しゃくどう)色に輝く満月が現れた。日本で皆既月食が観測できるのは、2015年4月以来でおよそ3年ぶり。
■月の色が変わるごとに歓声
国立天文台によると、月が赤く見えるのは、太陽の光が地球の大気の層を通る際に青い光が散乱し、赤い光だけが残って月面を照らすためだそうで、その色は毎回同じではないという。日本で見ることができる次の皆既月食は今年7月28日だが、日本で月の欠け始めから元の満月に戻るまで観測できるのは2022年11月8日。
熱海港芝生広場では、市民有志が音楽ライブとともに皆既月食の観賞会を開き、月の色が変わるごとに歓声が起きた。熱海ネット新聞は、3時間23分にわたって神秘的に移り変わるスーパー皆既月食の天体ショーを写真に収めた。
(熱海ネット新聞・天文取材班)
■スーパー皆既月食ドキュメント=1月31日
20:48 月が欠け始める
21:51 月が地球の陰に入り、赤銅色に変化
23:08 赤銅色の月が終了
0:11 元の満月に戻る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-24

    早見優さんゆかりの河津桜が満開/熱海市咲見町・医王寺 

    熱海市街のあたみ桜が見頃過ぎに入り、後を追うように熱海市でも河津桜が見頃を迎えた。市内咲見町…
  2. 2019-2-24

    富士山の日、「熱海梅園・早春ウォーク」/熱海まち歩きガイドの会

    民間観光ボランティア「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子代表)は2月23日、熱海梅園で「富…
  3. 2019-2-24

    【お悔やみ】山田静夫さん(熱海市和田町)2月22日死去

    山田静夫さん(やまだ・しずお)2月22日死去、87歳。熱海市和田町。通夜25日午後6時。告別式26日…
  4. 2019-2-24

    【お悔やみ】宇田利孝さん(熱海市清水町)2月22日死去

    宇田利孝さん(うだ・としたか)2月22日死去、80歳。熱海市清水町。通夜24日午後6時。告別式25日…
ページ上部へ戻る